ビジネス

2010年04月05日

完全網羅-起業成功マニュアルに書かれていた、”自己資本経営”の項目が勉強になるので、自分たちのためにメモしておきます。

以下、要約。



他人資本に頼らないビジネスモデルとはすなわち「帳簿上」の利益、成長、市場シェア、ブランドではなく、キャッシュフローを重視することである。

特徴は以下のとおり。
  • 当初の必要資本が少ない。
  • 販売サイクルが短い(一ヶ月未満)。
  • 支払期間が短い(一ヶ月未満)。
  • リピート販売がある。
  • 口コミで伝わる。
帳簿上は利益が少なく見えるかもしれないが、売り上げ機会をいくつか見送るからだ。紙の上の利益は二の次である。

こうした条件から想定されるのは、以下の特徴を備えた、製品、サービス、ターゲット市場である。

  • 人々はすでにあなたの製品・サービスが必要だとわかっている、あるいは、そのことがすぐ明らかになる。ほら、あなたはこんな問題をかかえていませんか、と潜在顧客を「教育」する必要がない。
  • 製品・サービスに「自動的な説得力」がある。つまり人々は、自分たちが抱える問題と、あなたがそれをどう解決してくれるかを知れば、納得ずくで次の一歩を踏み出し、その製品・サービスを購入する。
  • 市場の一大トレンドが障害を取り除いてくれる。インターネットがこの例だった(ただし、どんなトレンドもいずれは勢いがなくなるので、そのときまでに「リアルビジネス」を築いておかなければならない)。
  • すでに広く出回っている製品・サービスに便乗できる。成功済みの製品・サービスに賭けることでリスクが軽減される。

また、自己資本経営はボトムアップ式で予測する。トップダウン式はダメだ。トップダウン式は、以下のとおり。

たとえば、中国でインターネットプロバイダーの会社を始めるなら。
  1. 13億の人がいる。
  2. 1%がインターネットへのアクセスを望んでいる。
  3. 潜在ターゲットの10%を抑えよう。
  4. 顧客あたりの売り上げは年240ドル。
  5. 13億人×1%×10%の成功率×240ドル/顧客=3億1200万ドル。おまけに、これらのパーセンテージはじつに控えめな数字だ!
市場が大きければ、簡単に成功を手にできるというのは間違い。これに対して、ボトムアップ式の考え方は以下のとおり。
  1. 各販売員は1日に10件のセールス電話がかけられる。
  2. 営業日は年に240日ある。
  3. セールス電話の5%が半年以内に契約に結びつく。
  4. 成約ごとに240ドルの売り上げがある。
  5. 販売員は5人雇える。
  6. 10件/日×240日/年×5%の成功率×240ドル/成約×5人の販売員=14万4000ドル。これが初年度の売上高
 

chrlohya at 01:31コメント(2)トラックバック(0) 

2010年03月29日

年度末です。売上処理がたくさんあって、眠いです。



さてさて、ソフトバンクがAndroidを出すとなって、ますます面白いモバイル事情。
ソフトバンクはexperiaの牽制っていうわけじゃなくて、ちゃんと世の中の流れを読んでるなーという気がします。
だって、別にiPhoneと心中したっていいことないですしね。
それよりも、Androidにも色気を出していたほうが、Appleに主導権をにぎられにくいですし。

iPhoneはスマートフォンにおける偉大な市場開拓者でしたが、今後はAndroidに取って変わられる気がします。
iPhoneのUIなんて簡単に真似られちゃいますし、App StoreのアプリはAndroid対応も増えて行くでしょう。
そうなると、さまざまにカスタマイズされたハードウェアを持ち、Flash対応などサードパーティを上手いこと取り組んでるほうが魅力的でしょう。


なーんてことを、iPhoneから投稿してみる。

chrlohya at 23:50コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月21日

scansnapを使って書籍をPDF化したいです。

最近、iPadのおかげでいろんな電子書籍関連の本を書店で見かけます。でも、電子書籍関連の本って、ちょっとシュールですね(笑)

で、自分も本棚の本を全部PDFにしたいなぁなんてまじめに考えているんですが、自分でやるのってめんどくさいですよね。
初期投資に裁断機とスキャナを買わなきゃいけないし、何より最初にうまくできるようになるまでの試行錯誤がめんどくさい。
誰かにやってもらって、電子データだけもらいたいです。


そんな風に考えていたら、それって意外とみんな思っているのではないかなぁ?と思いました。
誰か、「scansnapを使って書籍をPDF化」 代行サービスってやったりしないんですかね?

ということで、ちょっと考えてみました。

------------------------------------------


1.ビジネスモデル
いらない書籍を裁断して、電子データにしてあげるサービス。初期投資はscansnapと裁断機で34000円ぐらい。
恐らく都内の家賃の高いアパートでは、本の置き場に困っている読書家な人が多数いるのでは?
今後電子書籍が流行るとはいえ、すでに本として買ってしまったものの置き場が困るのは変わらない。逆に、電子書籍閲覧端末が普及すれば、すでに自分が持っている本を電子化する障壁も低くなると思われる。

2.書籍を置いておくことでかかる費用
⇒今の自分の持っている書籍だと、約200冊で、棚40cm×80cm
を4段占める。

⇒今は会社の寮だが、仮に家賃7万円のところに住んでいる
とする。
その場合、1Roomの範囲に5万円支払っているとすると、
6畳=約10平方m
上記本棚のスペースは0.32平方メートル、
5万円×0.32/10=1600

★毎月1600円の出費!

・・・あ、あれ、意外と安いぞ・・・?あんまり場所代ではメリットがない!?

3.顧客への提供価値
⇒本の置き場所に費やすコスト削減かと思いきや、それだと年間で20000円程度。思ったよりも金額が小さいので、それプラス「電子書籍はモバイル等でも簡単に読める」ことをウリにする。

4.発生する原価(人件費)
経験談を載せたブログでは、

「一冊の本を解体するのに1分、スキャンしてpdf出力に20分(この間、原稿を100枚ずつぐらい入れる)、必要であればスキャン後にOCRをかけるのに10分ぐらいかかる。」

と書いてある。
これを信用すると、人件費は1冊あたり解体に1分、PDF化に1分(準備したら、後は自動処理)、OCR化に1分(準備したら、後は自動処理)、その他雑務1分として、計4分。
200冊で800分≒13時間。
1時間1000円のバイトとして、13000円。高い!!


5.採算が取れる範囲の提供価格
1ユーザへの発生コストは、
・200冊で人件費13000円
・輸送コスト1000円
・設備費1700円(スキャナと裁断機への投資を20ユーザで回収)
⇒計15700円

これに間接費用と利益を乗せたら20000円ぐらいで提供するべきかな・・・・

6.結論
20000円は高いなぁ。


 

chrlohya at 02:49コメント(0)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ