2010年03月

2010年03月02日

このサイトなんですけどね。
http://www.geocities.jp/timeway/

これは、世界史を教えている人にとっては、ぜひ全部読んでパクリまくりたいサイトなんじゃないでしょうか。

思えば、義務教育で教わった授業の内容って、各々の教師が独自の喋りでやってると思うんですけど、それってすごくもったいないですよね。

だって、日本中で同じ内容の授業が、数万(ぐらい?)とおりの方法で教えられているんですよね。なんて無駄な!

きっとその中には話しの流れや小ネタが上手い人もいれば、下手な人もいるはず。下手な人は上手い人のを生かせればいいなーと思うのです。

もちろん、先生だって勉強会とかやっていますよね?でも、それって学校レベルとか地域レベルじゃないですか。
今ならインターネットとか使って、カリスマ教師の授業方法を通年で閲覧フリーの動画にしておいたり、「おもしろ授業コンテスト」とかで、教師たちが匿名で授業を批判しあったりして、高めていけたらおもしろそうだなーと思いました。

どうなんでしょう。そういうのやっている人っていないのでしょうか?
ちょっと調べてみます。 

chrlohya at 02:03コメント(0)トラックバック(0) 

2010年03月01日

ほっとくと何も書かなくなって、さらには書きにくくなってしまうので、とりあえず思いついたことでも書いてみます。

僕もけいも、特にそれ一つで商売となるような強みが、何もないのが悩みです。まぁ、そんなものを持っていたら、もっと早々に起業していると思いますが。

というわけで、何をやってもこれから勉強していくしかないので、テーマを決めて勉強することにしました!

いきなり、「あれやりたい」とか「これやりたい」だと、一発ネタ勝負になってしまう気もしたので、二人が興味がある分野を勉強してみます。そこから、その分野でどんなニーズがあるか、どんなビジネスが作れるかを考えてみます。


で、最初のテーマは「教育」。



二人とも教育業界の仕事はしていませんが、これまでかれこれ20年ぐらい教育を受けてきた身としては、「これはおかしいだろー」と思うことが山盛りな感じです。

問題は、そのおかしなことを果たして自分たちの力でどこなら変えられるのか?どこならビジネスを生み出せるのか?といったところです。




ところで、「教育」とITのコラボはおもしろいです。

MITではネット上で講義をタダで見れたり、今後は教育とITは大きなテーマになってくると思います。
(というか、こういう古くからある官僚的な業界って、一般的にIT化が遅いイメージです。) 

Smart.fmは、英語が勉強できるSNSです。

lang-8は、お互い学びたい言語のネイティブと、日記を添削し合うSNSです。

Lyrics training は、You tubeを利用して英語の歌詞から英語学習ができます。

chrlohya at 01:35コメント(2)トラックバック(0) 
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ