2010年03月21日

電子書籍化代行サービス

scansnapを使って書籍をPDF化したいです。

最近、iPadのおかげでいろんな電子書籍関連の本を書店で見かけます。でも、電子書籍関連の本って、ちょっとシュールですね(笑)

で、自分も本棚の本を全部PDFにしたいなぁなんてまじめに考えているんですが、自分でやるのってめんどくさいですよね。
初期投資に裁断機とスキャナを買わなきゃいけないし、何より最初にうまくできるようになるまでの試行錯誤がめんどくさい。
誰かにやってもらって、電子データだけもらいたいです。


そんな風に考えていたら、それって意外とみんな思っているのではないかなぁ?と思いました。
誰か、「scansnapを使って書籍をPDF化」 代行サービスってやったりしないんですかね?

ということで、ちょっと考えてみました。

------------------------------------------


1.ビジネスモデル
いらない書籍を裁断して、電子データにしてあげるサービス。初期投資はscansnapと裁断機で34000円ぐらい。
恐らく都内の家賃の高いアパートでは、本の置き場に困っている読書家な人が多数いるのでは?
今後電子書籍が流行るとはいえ、すでに本として買ってしまったものの置き場が困るのは変わらない。逆に、電子書籍閲覧端末が普及すれば、すでに自分が持っている本を電子化する障壁も低くなると思われる。

2.書籍を置いておくことでかかる費用
⇒今の自分の持っている書籍だと、約200冊で、棚40cm×80cm
を4段占める。

⇒今は会社の寮だが、仮に家賃7万円のところに住んでいる
とする。
その場合、1Roomの範囲に5万円支払っているとすると、
6畳=約10平方m
上記本棚のスペースは0.32平方メートル、
5万円×0.32/10=1600

★毎月1600円の出費!

・・・あ、あれ、意外と安いぞ・・・?あんまり場所代ではメリットがない!?

3.顧客への提供価値
⇒本の置き場所に費やすコスト削減かと思いきや、それだと年間で20000円程度。思ったよりも金額が小さいので、それプラス「電子書籍はモバイル等でも簡単に読める」ことをウリにする。

4.発生する原価(人件費)
経験談を載せたブログでは、

「一冊の本を解体するのに1分、スキャンしてpdf出力に20分(この間、原稿を100枚ずつぐらい入れる)、必要であればスキャン後にOCRをかけるのに10分ぐらいかかる。」

と書いてある。
これを信用すると、人件費は1冊あたり解体に1分、PDF化に1分(準備したら、後は自動処理)、OCR化に1分(準備したら、後は自動処理)、その他雑務1分として、計4分。
200冊で800分≒13時間。
1時間1000円のバイトとして、13000円。高い!!


5.採算が取れる範囲の提供価格
1ユーザへの発生コストは、
・200冊で人件費13000円
・輸送コスト1000円
・設備費1700円(スキャナと裁断機への投資を20ユーザで回収)
⇒計15700円

これに間接費用と利益を乗せたら20000円ぐらいで提供するべきかな・・・・

6.結論
20000円は高いなぁ。


 

chrlohya at 02:49コメント(0)トラックバック(0)ビジネス | アイデア 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ