2010年02月22日

電子書籍に適したもの

以前の日記で、電子書籍に漫画は適していると書いたんですが、もっと適しているものがありました。教科書です。

教科書って、やたら重いですよね。
高校時代は、家で宿題をするためにいちいち分厚い教科書を持ち歩かされるのが本当にナンセンスだと思い、僕は家に教科書を持ち帰るのをやめました。宿題をやらないことにしたのです。逆転の発想!
僕が宿題をやらず成績が下がったのは、あくまで教科書が重いせいであり、決して宿題をめんどくさがっていたわけではありません。

・・・・・まぁ、それはいいとして、教科書はすぐさま電子書籍化するべきだと思います。理由は、以下の3点から。
  1. 持ち歩くものである
  2. かさばる。置き場に困る。が、捨てられない
  3. 既存の出版社の利権と、ある程度切り離されている
1と2は分かりやすいですね。
3はどういうことかというと、電子書籍が流行らないのって、出版業界の既存事業者がこぞって反対しているからだと思うんですよね。
でも、教科書を買う人ってのは、広告がたくさん打たれていて、マーケティングの上手い教科書を買うのではない。学校で(or塾で)指定されているか、薦められているから買うんです。
別に出版社とか必要としていないんですよ。
で、それは著者側も同じ思いの人が、結構多いと思うんです。
教科書って大学の教授が書いたりしていて、コネで広まっていると思うんですよね。別に出版社の力とかではなく。

ですので、電子書籍化しやすいと思うのです。しないかなー。

また、著者の電子書籍化した際のメリットとしては、「教科書が必要なくなった先輩から貰って、タダで使う」といった層をなくして、売り上げアップにもつながる気がします。

ちなみに、デメリットとして書き込めない」といった声が上がりそうですが、
それはアプリの質次第でどうとでもなる気がします。
むしろ、データである以上「書き込んだものを消せる」メリットがあるので、教科書を汚さずに思う存分書き込みまくれていいんじゃないでしょうか?



さてさて、こんな風に考えていると、電子書籍化しやすい書籍としにくい書籍って分かれそうですね。
ポイントは

・場所をとるもの
・捨てられないもの
・出版社の影響力が強くないもの
・持ち運ぶもの

あたりが、電子書籍化しやすい条件でしょうか。

 -------------------------------------

ところで、前回産経新聞についてほめたら、直後に堀江さんに「産経新聞のiPhoneアプリなんてチンカスだ!」(意訳)的なことをブログで書かれていて、若干ショックでしたので反論を。

 
堀江さんは産経新聞アプリを「新聞をそのままアプリにしたもの」とし、CNETを「iPhone向けにカスタマイズしている」と褒めていたのですが、これがちょっと意外でした。

僕は、 むしろCNETを含め、既存のウェブサイトをiPhoneで見るのが、軒並み使いにくいと思っているからです。
 
どういうことかというと、CNETとかのサイトが持ち込んだインタフェースって、昔からずっと変わらないPCでウェブサイトを見るインタフェースなんですよね。

まず、記事のタイトルが羅列されていて、それをクリックすると、本文に飛ぶっていう。
この、わざわざタイトルクリックするという、自分の「読みたい意思表示」をしないと記事が読めないのって、ながら読みするスタイルに適していないと思うのです。

このCNETスタイルってのは、そもそも記事を読むのに最適化して考えられたスタイルじゃないんですよね。ただ、インターネット上のHTMLとかのルールがそうだったから、それを受け継いでそういうインタフェースになっているだけなんです。

たしかに産経新聞のアプリも「新聞をそのままアプリにしたもの」 で不細工ですが、ウェブの常識に一石を投じたという意味では、おもしろいです。

chrlohya at 01:03コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ