2010年02月07日

これまでのあらすじ

こんにちは、チャーリーです。

今回は、そもそも、「なんで起業するってなったのか?」というところの話です。




それは新年を迎えた1月11日。
たまたまけいと二人で飲みに行ったときに、二人で「昨年一番おもしろかったこと」と、「今年の目標」を、お互いお店の紙ナプキンに書きあってたんですね。



僕の一番おもしろかったことは、「友達の結婚式二次会の幹事をやったこと」。(幹事はけいも一緒にやりました。)
今年の目標は、いくつか挙げたけど、「社外の知らない人に会い行くこと」、「転職すること」、などでした。

結婚式二次会の幹事は、相当に気合を入れて準備しました。
大学時代からの親友と後輩の結婚式だったので、3ヶ月前から毎週幹事たちで集まって、お決まりのゲームとかではなく一から自分たちでネタを考えて・・・・めちゃくちゃ大変でしたが、結果は大成功!

で、それがすごくいい思い出になった反面、仕事でそうした思いって、僕は今まで一度もないんですね。かれこれ入社して4年。しかし、一度も「めっちゃ感動した!やってよかった!」って強い思い出がない。

これは、社会人として、ちょっとやばいなー、と。

もうずっとやばいなーとは思っていたんですが、4年もやばいやばいと言っているわけには行かないので、環境を変えるためにも転職をしようと思っている話をけいにしました。
で、その前に自分の社外の人はどんな風に、どんな気持ちで働いているのか?それを知りたくて、「社外の知らない人に会いに行くこと」を目標としたんです。

それを聞いてのけいの言葉が、

「転職するんなら、チャーリーは起業とかしないの?」

・・・なるほど。その手があったか。

「うん、するする。じゃあ、一緒に起業しよう。」

「いいよ。」





こんな感じで、起業することになりました。



-----------------------------------------------------

こうやって書いてみると、意味不明ですね。
なんで起業することになったんだろう?(苦笑)

でも、けいとは大学時代からの付き合いで、いろいろ二人でおもしろ企画を考えるのが好きでした。だからたぶん、二人で起業したら普通に働くよりも、”おもしろい仕事に巡り合える確率”は高そうだなーって思ったんです。僕は。

それに、一年前、これまたけいとふたりでビジネスプランコンテストに新規事業を考えて応募したこともあり、そういうの本気でやりたいなーって、僕は心の隅っこでずっと思っていたのもありました。



そんな感じです。






あまりにノリが軽すぎて、

「楽しい仕事なんて、会社員でもできるじゃん!」

って意見もあるかもしれませんが、
別に会社員でもできるけど、起業してもできるなら起業してもいいじゃん!って思います。

たとえ思いっきり失敗しても、まだこの年齢なら取り返せるだろうし、あんまり失うものはないと思っています。




20年後に、

「あの頃起業してたら、 どんな人生になってただろうなー・・・」

って思い返すより、たとえ失敗しても、

「あの頃起業したのは、大失敗だったなー。俺も若かった、エヘヘwww」

って感じで、やりたいことやっていたほうが素敵じゃないですか? 

chrlohya at 01:53コメント(0)トラックバック(0) 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

チャーリー

こんにちは、チャーリーです!
SIerで営業やってる26歳です。
大学時代からの友人のけいと、二人で起業に向かって勉強中。

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ